冷凍・乾燥卵・稚魚の餌。ブラインシュリンプとは何?

ブラインシュリンプ情報サイト

孵化方法

孵化したブラインシュリンプと卵殻を自動分離するハッチャー24。孵化器のおすすめの使い方を解説。

投稿日:

 
 
ブラインシュリンプを孵化させる方法は主に3種類あります。
 
今回は“ハッチャー24を使ったブラインシュリンプの孵化方法”を解説します。
 
皿式とペットボトル式では、自作した殻無しブラインエッグを孵化させる方法を解説してきました。

しかしハッチャ-24を使った方法なら卵殻がほとんどが自動分離されるので、わざわざ殻無しブラインエッグを作る手間も不要かと思います。
 

未孵化の卵も無駄にならないよう与えたかったり、より確実に卵殻を水槽に入れたくない場合は殻無しブラインエッグを自作してもいいと思います。
朱里

 
殻無しブラインシュリンプエッグの作り方は別の記事で詳しく解説しています。
 
殻無しブラインシュリンプエッグの作り方。自作の殻無し卵なら孵化させても殻の分離が不要で未孵化卵も与えられて無駄がない。孵化させずに高栄養ブラインを与えることも可能。

    殻無しブラインシュリンプエッグといえばブラインシュリンプの卵を加工した乾燥人工飼料というイメージだと思います。 しかし、自分でも殻無しブラインシュリンプエッグを作ることがで ...


 
 
 
 
この記事では次のことを主に解説しています。
 

  1. ハッチャー24でブラインシュリンプを孵化させる方法・手順

 

ハッチャー24の特徴やメリット・デメリット、実際に使用している人の口コミなどの基本的な情報は下記記事で紹介しています。
 


 
 

ハッチャー24を使ってブラインシュリンプを孵化させる方法

それではハッチャー24を使ったブラインシュリンプの孵化方法の手順を、動画を参考にして画像を出しながら紹介します。
 
 

ハッチャー24を組み立てる

ハッチャーの本体やフタ、備品など水洗いできるものはあらかじめすすぎ洗いしておきます。
 
ハッチャー24の水洗いできるパーツの画像。本体やチューブ類など水洗いできるものは水洗いしておきます。
 

この時洗剤など使用するとブラインシュリンプの孵化に悪影響がでる可能性があるので使用しないでください。
朱里

 
ハッチャーは分解された状態で梱包されているので、すすぎ洗いをしたら組み立てます。
 

 
取扱説明書に組み立て方があるので安心してください。
朱里

 
村院
部品も少ないし、細かいものはなさそうなので大丈夫そうですね。

 
 

水槽内・水槽外に設置する

ハッチャー24は吸盤があるパーツを利用して水槽内の水に浸して設置することもできれば、水槽の外側に取り付けることもできます。
 
ハッチャ-24は吸盤付きのパーツがあり、本体を水槽の外側に取り付けることもできますし、内側に設置して飼育水の温度を利用して使うこともできます。
 

村院
もちろん水槽とは別の場所にポンと設置することも可能です。

 
付属のスタンドを利用して水槽とは異なる場所に設置して使用することも可能です。
 
 

本体の水位線まで水を入れて規定量の食塩を入れる

ブラインシュリンプを沸かすのに重要なもののひとつが塩水の濃度です。
 

村院
ハッチャー24なら本体に表示されている水位線(Woter level)までカルキを抜いた水を入れます。

 
ハッチャー24本体には水位線が表示されています。水の量を測るのが面倒ですが、本体に水位線があるので、そのラインまで水を入れればいいだけなのでとても楽です。
 
皿式やペットボトル式ではとくにカルキ抜きをする必要はないのですが、ハッチャー24の取扱説明書ではカルキ抜きするように書かれています。

私はカルキ抜きはしていませんでしたが、とくに不具合は感じたことがありませんでした。

朱里

 
水を水位線まで入れたら、付属の塩用スプーンすりきり1杯分を水に入れます。
エアレーションをかければ自然と混ざるので、わざわざ混ぜ合わせる必要もありません。
 
 

本体にフタをしてエアレーションをかけてブラインシュリンプエッグを入れる

本体にフタをかぶせてエアーポンプの電源をいれてエアレーションを開始します。
 
ハッチャー本体にフタなどその他のパーツを取り受けています。
 
エアーストーンの場所がばっちりであれば、卵状の容器内に水がグルグルと循環し始めます。
はじめは食塩が底にたまっているかもしれませんが、自然と溶けていきます。
 

もし循環が悪いようならエアーストーンの位置を調整しましょう。
朱里

 
エアレーションをかける前でも構いませんが、本体上部にある丸いキャップを外してブラインシュリンプエッグを入れます。
 

ブラインエッグはスプーン1杯まで


 
ブラインシュリンプエッグの量は必要な量を入れればいいのですが、少ない分はどれだけ少なくても良いです。
ただし塩水の量は決まっているので、多くのブラインを一度に沸かすと不都合があるかもしれません。
 
なんて言いながら、私は2杯まで入れたことがありますがとくに問題なく孵化していました。
朱里

 
ブラインエッグを入れたらキャップをしめ、あとはブラインシュリンプが孵化するのを待つだけです。
 
 

孵化したら底にたまったブラインを採取して与える

ブラインシュリンプが孵化したら採取して稚魚などに与えます。
 

卵の殻は消化不良の原因に


 
皿式でもペットボトル式でも、一般的なやり方でとくに面倒なのがブラインシュリンプと卵の殻や未孵化の卵を分離する作業です。
朱里

 
しかしこの作業をしないと、卵の殻は消化されにくいので消化不良が原因で稚魚の生存率が低下してしまいがちです。

そこで、ここからがハッチャー24の強みが発揮されるところです。

今までハッチャー本体の底に沈めていたエアーストーンを下の画像のような位置まで引き上げて30分程度エアレーションを続けます。

そうすると下の画像のように、ハッチャー上部には卵の殻がたまって下部にはブラインシュリンプが集まってきます。
 
ハッチャー本体の上部には卵の殻が集まり、下部には孵化したブラインシュリンプが集まっています。
 

村院
このとき孵化しなかった卵は浮かぶものもあれば沈むものもあります。
未孵化の卵も消化不良の原因になりますが、そこまで分離するのは不可能です。

 
そこのところは、基本的に割り切って与えるしかありません。
もしくは、自作した殻無しブラインエッグを孵化させてもいいかもしれませんね。
朱里

 
できるだけ卵殻を与えないように、付属のスポイトで底にたまっているブラインシュリンプを採取します。

そのまま与えると塩水も混じってしまうので、稚魚にとって良い状況ではありません。
 

水道水ですすいで与える


 
私は何度も使いまわせるハイテック茶こしを使ってすすぎ洗いしています。
朱里

 
普通の茶こしではブラインシュリンプが流れてしまいますが、ハイテック茶こしなら目がこまかいのでブラインシュリンプが流れることがありません。
 
目がかなり細かいので、すすぎの水はゆっくりかけましょう。
一気に水を流すとハイテック茶こしからあふれ出してしまいます。

すすぎ洗いが終わったら与えるだけです(^^♪
 
最後に、今回参考にさせていただいた動画を掲載しておきたいと思います。
 


 

コラム:ハッチャー24、みんな上手く使えてる??

この記事では紹介していませんが、ハッチャー24の口コミはなかなか良好です。

しかし、良好なわりには
“思っていたよりも使いにくい”
“あまり殻が分離しない”
というものがあったりします。

私もはじめは同じように感じていましたが、自分のやり方がイマイチ悪かったことに気づきました。
多分他の方もそうなんじゃないかなって思います。

私はエアストーンは底に沈めてエアレーションをかけておけば、それだけで自動で殻が分離されるものだと思い込んでいました。

でもよくよく使い方を見直してみるとちゃんと書いてあったりするんですよね(;^_^A。

ハッチャー24をつかってもうまくいかないって人は、ぜひ一度、取扱説明書を最後まで熟読してみましょう。

もしかしたら間違った使い方をしているのかもしれません。
 
 

-孵化方法

Copyright© ブラインシュリンプ情報サイト , 2019 All Rights Reserved.